文化遺産オンライン

竹虫図軸

ちくちゅうずじく

作品概要

竹虫図軸

ちくちゅうずじく

絵画 / / 中国

伝趙昌筆

制作地:中国

南宋時代・13世紀

絹本着色

100×54.5

1幅

銘文:雑華室印 ; 司印

重要文化財

草花と虫を描く草虫図は、北宋時代より人気の画題になったようです。生命力ある竹、子孫繁栄の象徴である瓜、立身出世を意味する鶏頭はいずれもおめでたい植物です。これらとそのまわりに遊ぶ昆虫は、非常に細かい筆致で描かれており、草虫図の最古作例と認められます。(植松氏執筆)(20180828_t08)

竹虫図軸をもっと見る

伝趙昌筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / /

関連作品

チェックした関連作品の検索