文化遺産オンライン

厚板 藍萌黄段槌車鱗模様

あついた あいもえぎだんつちぐるまうろこもよう

作品概要

厚板 藍萌黄段槌車鱗模様

あついた あいもえぎだんつちぐるまうろこもよう

染織 / 江戸

江戸時代・18世紀

1領

槌車模様は本来は車に柄(ひ)杓(しゃく)が付いた水車模様であったが、柄杓の部分が文様化により槌に変化した。現実にはない物である。その力強い表現から、能や狂言の男性役が狩(かり)衣(ぎぬ)や法被(はっぴ)などの下に着付として用いる厚板に好まれた。

厚板 藍萌黄段槌車鱗模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

模様 / / Atsuita / Noh

関連作品

チェックした関連作品の検索