文化遺産オンライン

銅造観音菩薩立像

作品概要

銅造観音菩薩立像

金工 / 飛鳥 / 和歌山県

出土地:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山出土

飛鳥時代・7世紀

銅製鋳造、鍍金

1躯

頭飾(とうしょく)に化仏坐像(けぶつざぞう)をあらわし、右手に宝珠(ほうじゅ)、左手に水瓶(すいびょう)(亡失)をとる観音像。頭飾や手が過大で面長な点に7世紀前半の作に通じる古様をみせるが、掌に貼り付いたかのような宝珠、肩にかかる分と両腕にかかる分がつながらない天衣(てんね)など、粗放な造形も目立つ。

銅造観音菩薩立像をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

飛鳥 / Wakayama / 観音 / Asuka

関連作品

チェックした関連作品の検索