陣羽織 白練緯地種子影文字経文模様 じんばおり しろねりぬきじしゅじかげもじきょうもんもよう

その他の画像全2枚中2枚表示

染織 / 安土・桃山 

安土桃山時代・16世紀
1領

鎧【よろい】の上に着用する陣羽織。護身を祈って、前身頃には「愛染明王【あいぜんみょうおう】」「不動明王【ふどうみょうおう】」を示す2つの種子を、後ろ身頃には「摩利支尊天【まりしそんてん】」を籠文字で表わし、内部に経文が細かく書写されている。インドの日月神である摩利支天は、日本では武士の守り本尊とされた。

作品所在地の地図

関連リンク

陣羽織 白練緯地種子影文字経文模様チェックした作品をもとに関連する作品を探す

陣羽織 紫白染分練緯地段葵紋散模様 
陣羽織 茶地立涌梅鉢雲龍丸松模様錦
陣羽織 紅地花唐草模様緞子
陣羽織 黒毛「五」文字模様
胴服 水浅葱練緯地蔦模様 三つ葉葵紋付
ページトップへ