楓蔦蒔絵沈箱

漆工 / 室町 

室町時代・16世紀
1合

 沈箱は沈(じん)香(こう)などの香木をいれる箱。文様は『伊勢物語』第九段、業平東下りのうち宇(う)津(つの)山(やま)の一節を意匠化したもの。一見何の変哲もない山道の描写が、物語の一場面を鮮やかに浮かび上がらせるという趣向に、当時の人々の古典文学への傾倒ぶりがうかがえる。 

作品所在地の地図

関連リンク

楓蔦蒔絵沈箱チェックした作品をもとに関連する作品を探す

檜垣枝菊蒔絵沈箱
丁子唐草源氏蒔絵沈箱・香道具箱
蔦細道蒔絵文台硯箱
蔦細道蒔絵文台硯箱

田付長兵衛作

男山蒔絵硯箱
叢梨地牡丹唐草向鶴紋散蒔絵調度
ページトップへ