扇面散蒔絵鏡台 せんめんちらしまきえきょうだい

漆工 / 江戸 

江戸時代・17世紀
1基

支柱の中ほどに設けた受け座に、円鏡を掛けて用いる鏡台。表面には全開や半開など様々な開き方の扇20本を表わし、基台部の上面から側面、鏡掛部分の正面から背面など、各面にわたって図柄が繋がるよう、扇を巧みに散らす。扇面には宇治橋や蔦の細道、桜や楓、葛など、四季折々の景物を描き込んでいる。

作品所在地の地図

関連リンク

扇面散蒔絵鏡台チェックした作品をもとに関連する作品を探す

扇面散蒔絵重箱
扇散蒔絵手箱
扇面散鏡
芒扇面散蒔絵香盆
扇面散双鶴鏡
ページトップへ