小倉色紙 おぐらしきし

 / 鎌倉 

藤原定家筆
鎌倉時代・13世紀
彩箋墨書
1幅

藤原定家【ふじわらのていか】は俊成【しゅんぜい】の子。公卿、歌人・歌学者。正二位・中納言に至る。後鳥羽院をめぐる歌壇の重鎮として活躍した。『新古今和歌集』の撰者。胡粉地【ごふんじ】に唐草の雲母刷(きらず)りを施した唐紙に蝉丸の歌1首を書いたもので、定家の撰として名高い『百人一首』の中の1つ。

作品所在地の地図

関連リンク

小倉色紙チェックした作品をもとに関連する作品を探す

小色紙
小色紙

伝藤原公任筆

古今和歌集断簡(了佐切)
寂蓮無題百首
御文庫切
御文庫切

藤原家良筆

石山切(貫之集下) 身をなけきて
ページトップへ