土製外容器 青銅経筒 ドセイガイヨウキ セイドウキョウヅツ

その他の画像全2枚中2枚表示

考古資料 

1括

弥勒菩薩が如来となる遥かな未来に向けて法華経などの経巻を保管するために青銅の経筒が作られ、さらにそれを保管するために土製の外容器が作られた。本例は外面の四方に天部像が刻まれているのが特徴。天部像の間に「紀武國」「藤原氏女」「仁平三年」「九月廿三日」と刻まれている。西暦一一五三年。出土地不明だが、京都周辺の経塚出土であろう。

作品所在地の地図

関連リンク

土製外容器 青銅経筒 チェックした作品をもとに関連する作品を探す

粉河経塚出土品
経筒・外筒(伝福岡県出土)
伝三木市出土経塚遺物
大宮神社経塚資料
経筒(伝愛媛県北条市出土)
ページトップへ