文化遺産オンライン

伝三木市出土経塚遺物

デンミキシシュツドキョウヅカイブツ

作品概要

伝三木市出土経塚遺物

デンミキシシュツドキョウヅカイブツ

考古資料

1括

平安時代後期、地中にお経を埋め、はるかな未来に向けて保存するという信仰がひろく流行した。本例は兵庫県三木市出土と伝える経塚遺物であり、珍しい鋳鉄製の経筒が納められていた(鉄経筒は現在保存修理中)。外容器は丸い蓋をもつ灰色の焼物。中国宋時代の湖州鏡が伴っている。

伝三木市出土経塚遺物をもっと見る

京都国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / 経塚 / 平安

関連作品

チェックした関連作品の検索