文化遺産オンライン

帷子 茶麻地波に千鳥草花模様

かたびら  ちゃあさじなみちどりくさばなもよう

作品概要

帷子 茶麻地波に千鳥草花模様

かたびら  ちゃあさじなみちどりくさばなもよう

染織 / 江戸

江戸時代・18世紀

1領

 近世における麻布の単衣を帷子という。夏の模様にふさわしく、糊置き防染による白揚げによってあっさりとした色調で模様を表わす。饅頭のような菊、翼の形を極度に簡略化した千鳥などは尾形光琳の画稿に倣った、いわゆる光琳模様である。        

帷子 茶麻地波に千鳥草花模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

模様 / 帷子 / かたびら / Katabira

関連作品

チェックした関連作品の検索