文化遺産オンライン

犀皮盆

さいひぼん

作品概要

犀皮盆

さいひぼん

漆工 / / 中国

制作地:中国

南宋時代・12~13世紀

1枚

彫漆の一種で、このように黄漆や朱漆を交互に塗り重ねて一番上に黒漆を塗り、いわゆる屈輪(ぐり)文様を彫り表わしたものを、日本では犀皮とよんでいます。彫り出された文様の断面に、薄く正確に塗り重ねられた漆の層が現われており、断面の美しさが犀皮特有の見どころです。

犀皮盆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 彫る / 塗る / 重ねる

関連作品

チェックした関連作品の検索