文化遺産オンライン

本覚寺分骨堂

ほんがくじぶんこつどう

作品概要

本覚寺分骨堂

ほんがくじぶんこつどう

宗教建築 / 昭和以降 / 関東

神奈川県

昭和前/1930

木造平屋建、瓦葺、建築面積53㎡

1棟

神奈川県鎌倉市小町一丁目302-1

登録年月日:20221031

登録有形文化財(建造物)

本堂の北に東面し、日蓮の分骨を納める廟堂。桁行1間、梁間1間の身舎に裳階を付し、屋根は宝形造桟瓦葺。内部は身舎内の須弥壇は彩色塗装で荘厳し、後方壇に分骨を納める多宝小塔を安置。関東大震災後の再建で、伽藍中枢に雄大な景観を形成する分骨堂。

関連作品

チェックした関連作品の検索