緑釉四足壷 りょくゆうしそくこ

土器・土製品類  考古資料 / 平安 / 日本 

平安時代中期~後期
口径9.0cm 胴径20.5cm 高16.6cm
1点
 

短頚壷の四方の肩から脚部を貼り付け、胴部に3段の突帯が削り出されている。硬質に焼きあがった器面に、薄くかけられた釉が、暗緑色に発色している。素地や釉調が特異である。火葬蔵骨器として使用された例が知られる。

作品所在地の地図

関連リンク

緑釉四足壷チェックした作品をもとに関連する作品を探す

短頚壷
緑釉四足壺
灰釉魚波文四耳壷
長頚瓶
灰釉双耳壺
ページトップへ