檜扇紋散蒔絵手箱 ひおうぎもんちらしまきえてばこ

その他の画像全3枚中3枚表示

漆工 / 鎌倉 

鎌倉時代・13世紀
1合
重要文化財

檜扇を組み合わせた円文を、金の研出【とぎだし】蒔絵を用いて描いています。散らし文様を洲浜状にまとめた文様構成は、鎌倉時代に大いに流行しました。他にも菊枝蒔絵手箱(重要文化財・畠山記念館蔵)など同趣の作品がいくつか知られています。

作品所在地の地図

関連リンク

檜扇紋散蒔絵手箱チェックした作品をもとに関連する作品を探す

菊枝蒔絵手箱
千鳥蒔絵手箱
扇散蒔絵手箱
片輪車蒔絵螺鈿手箱
秋野蒔絵手箱
ページトップへ