柏庭宗松像 はくていそうしょうぞう

その他の画像全7枚中7枚表示

日本画 / 室町 / 中部 

愛知県
室町時代/1519
 本作品は頂相の通常の形式に則って、法被をかけた曲彔に坐す柏庭の姿を描いている。柏庭は濃茶の直裰に白茶色の田相と草色の行を組み合わせた袈裟を肩から掛ける。右手に竹篦を執…
縦 107.7cm 横 49.0cm
1幅
犬山市大字犬山字南古券232番地
愛知県指定
指定年月日:20210129
宗教法人 徳授寺
有形文化財(美術工芸品)

袈裟には金泥の文様が施され、画面に華やかさを与えている。しかし、文様は三種に分かれる。特に、袈裟全体を覆うやや鈍い形態の花唐草文様は後世の補筆と思われる。田相部ではそれ以外に、より鋭い筆致を見せる二重蔓の花唐草が描かれているのが確認でき、これは本来の文様と見られる。一方、行の部分には、中央に卍を置いた入子菱の地文様に二重蔓の花唐草が見える。この内、入子菱を描く線には筆致の鈍さや末端の処理の甘さが感じられるが、形態としては比較的整っているので、ある時点で消えかかっていた元々の文様を丁寧になぞって描き起こしたものではないかと見られる。補筆はあるものの、オリジナルの状態を復元的に推定できるという意味では、史料的価値を大きく損なうことはないと考える。

作品所在地の地図

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

柏庭宗松像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

袈裟
牡丹唐草文印金袈裟(応夢衣)
濃茶麻地菊棕櫚文様帷子
白地立木文様更紗掛布
白磁劃花山水文大皿
ページトップへ