冨嶽三十六景・御厩川岸より両国橋夕陽見 ふがくさんじゅうろっけい おんまやがしよりりょうごくばしゆうひみ

絵画 / 江戸 

葛飾北斎筆
江戸時代・19世紀
横大判 錦絵
1枚

これは、江戸時代の後半に、浮世絵師の葛飾北斎が描いた木版画です。富士山をテーマとした46枚シリーズの一枚です。タイトルは「冨嶽三十六景」なのに46枚あるのは、人気が高く当初の予定から10枚増えたためです。
ここは将軍の厩(うまや)があったことから、御厩川岸(おんまやがし)と呼ばれる、現在の東京、墨田川。そこから対岸を結ぶ渡し舟が、両国橋をバックに描かれています。画面中央に小さく見える富士山も、対岸の景色や橋も、色味を抑えてほとんどシルエットのようにあらわされています。陽が落ちて、だんだんと風景から色が失われていく時間です。空の黒いグラデーションや、濃い青であらわされた水から、もう夜に近い時間であることがわかります。
舟の人びとを描く輪郭線にも青が使われています。彼らの多くは俯いたり、こちらに背中を向けています。あまり顔が見えないからか、むしろ彼らの視線の先の風景を、私たちも一緒に見ているような効果があるようです。タイトルには「夕陽見」とありますが、色づく夕焼けが終わった後、人びとが青のモノクロームの世界に浸っている静かな時間帯を描いているのでしょうか。
この作品をはじめ、「冨嶽三十六景」シリーズの最初の頃には、「ベルリン・ブルー」と呼ばれた青い顔料が多く使われています。この時代にヨーロッパから日本に入ってきたもので、北斎の新しいものへの関心の高さが見てとれます。

作品所在地の地図

関連リンク

冨嶽三十六景・御厩川岸より両国橋夕陽見チェックした作品をもとに関連する作品を探す

冨嶽三十六景・神奈川沖浪裏
冨嶽三十六景・五百らかん寺さゞゐどう
冨嶽三十六景《御厩川岸より両國橋夕陽見》
冨嶽三十六景《諸人登山》
冨嶽三十六景・神奈川沖浪裏
ページトップへ