宝尽七宝文鐔 たからづくししっぽうもんつば

その他の画像全2枚中2枚表示

その他 / 安土・桃山  江戸 

平田彦四郎
安土桃山~江戸時代・16~17世紀
1枚
銘文:銘 平田彦四郎

金の細線の象嵌+ぞうがん+で唐草・桐・雲・花などをの文様を表わし、丸をつないだ菱文には七宝を用いて、赤銅+しゃくどう+(銅と金の合金)に金と七宝のコントラストが鮮やかである。華やかな七宝を得意とした平田派は始祖の道仁+どうじん+ (~1646)が幕府のお抱え工となり幕末まで続いた。(h14_特集七宝)

作品所在地の地図

関連リンク

宝尽七宝文鐔チェックした作品をもとに関連する作品を探す

冨嶽図二所物
冨嶽図二所物

伝平田道仁作

群蝶図花瓶
群蝶図花瓶

金沢銅器会社

水仙七宝釘隠
地紙散透鐔
地紙散透鐔

伝正阿弥作

七宝草花文扇面形釘隠
ページトップへ