文化遺産オンライン

冨嶽図二所物

ふがくずふたところもの

作品概要

冨嶽図二所物

ふがくずふたところもの

その他 / 安土・桃山 / 江戸

平田道仁

安土桃山~江戸時代・16~17世紀

1組

銘文:無銘 伝平田道仁

二所物とは刀装具のうち目貫+めぬき+、小柄+こづか+を共通の意匠でそろえたもののことをいう。ここでは七宝で、雪を冠した富士の雄姿と、裾野に寄せくだける波を、繊細で多彩な七宝で表わしている。華やかな七宝を得意とした平田道仁(~1646)作と伝えている。
(h14_特集七宝)

冨嶽図二所物をもっと見る

平田道仁をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

小柄 / 目貫 / 後藤 /

関連作品

チェックした関連作品の検索