文化遺産オンライン

色絵竹文花瓶

いろえたけもんかびん

作品概要

色絵竹文花瓶

いろえたけもんかびん

陶磁 / 明治 / 大正

初代伊東陶山作

明治~大正時代・20世紀

陶製

高28.8 口径19.1 底径10.6

1口

銘文:「陶山」 銘

初代伊東陶山(いとうとうざん)は粟田焼(あわたやき)の改良など京都で陶磁器製作の発展に寄与し、大正6年(1917)に帝室技芸員となりました。本作は立鼓型(りゅうこがた)を細長くした花瓶の全体に、黄金色の釉と金箔を思わせる表現を所々に施し、胴には竹が青で大きく絵付けされてデザイン性が追求されています。

色絵竹文花瓶をもっと見る

初代伊東陶山作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

花瓶 / / / 口径

関連作品

チェックした関連作品の検索