藤棚蒔絵書見台 ふじだなまきえしょけんだい

漆工 / 江戸  明治 

江戸~明治時代・19世紀
1基

書見台は、書物や譜面などを読む際に、のせて見るための台。書見板の縁を切り込み、一部を透かすなど斬新な形である。表面には薄肉高蒔絵(うすにくたかまきえ)を主体にして精細に藤棚を描き、竹を模した支柱をつけている。全体で藤棚を象っており、幕末期らしい洒落たデザインである。

作品所在地の地図

関連リンク

藤棚蒔絵書見台チェックした作品をもとに関連する作品を探す

和歌浦蒔絵見台
吉野山蒔絵見台
IHS七宝繋蒔絵螺鈿書見台
菊水蒔絵文台硯箱
色絵藤棚文大皿
ページトップへ