御物石器 ぎょぶつせっき

考古資料 / 縄文 

3000年前~2300年前 縄文時代
石製
縦33.0 横5.8 高9.5
1点

縄文時代後期~晩期の岐阜県、富山県、石川県を中心に分布する石製品。大きな抉り部と太い刻線による文様が特徴的である。名称は、明治年間に出土した同形の石器が「御物」(皇室所蔵品)となったことに由来する。1921年に大野雲外(1863-1938)が本品を図入りで紹介している。

作品所在地の地図

関連リンク

御物石器チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大珠
皿形土器
腰飾
土版
御経塚遺跡
ページトップへ