文化遺産オンライン

色絵花卉図大皿

いろえかきずおおざら

作品概要

色絵花卉図大皿

いろえかきずおおざら

陶磁 / 江戸

伊万里

江戸時代・18世紀

磁器

高6.2 口径57.0

1枚

中国明代の古赤絵金襴手(こあかえきんらんで)を手本として成立した伊万里金襴手は元禄年間以降に盛行し、伊万里焼を代表する様式となりました。この大皿はヨーロッパへの輸出向けのもので、有蓋壺などとともに、大作が多く作られており、それらがヨーロッパの宮殿の壁面を飾りました。

色絵花卉図大皿をもっと見る

伊万里をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

伊万里 / 金襴 / 伊万里焼 / 大皿

関連作品

チェックした関連作品の検索