粉河作巌頭獅子置物 こかわさくがんとうししおきもの

工芸  金工 / 江戸 / 日本  近畿 

蜂屋正勝
はちやまさかつ
江戸時代中期
鋳銅製
総高31.5cm
1基

 中世の終わりころから、粉河では仏具などの鋳物の製作が行われており、それらは「粉河作」と呼ばれている。鋳物師のうち、江戸時代を通じて最も活躍した蜂屋は、寛永8年(1631)に藩主・徳川頼宣に御目見を許され、代々正勝を名乗るように命じられ、その後、明治中期にいたるまで、数代にわたって作品を残している。本品も、その蜂屋の手によるもので、獅子の子落しの説話を題材にとった、鋳上がりの良い優品である。底部に「正勝」の針書銘がある。

作品所在地の地図

関連リンク

粉河作巌頭獅子置物チェックした作品をもとに関連する作品を探す

粉河作花生
粉河作花生

福井良房

梵鐘
刀  銘「於南紀重國造之」
金剛盤(徳川頼宣奉納)
銅鷲置物〈鈴木長吉作/〉
ページトップへ