文化遺産オンライン

如来像頭部前面

作品概要

如来像頭部前面

彫刻 / 平安

平安時代・12世紀

木造

竪59.1×横33.3

1個

如来像頭部の耳半ばより前方が残ったもの。ちょうど中央で材を接合する。頭の頂から顎までの長さが45㎝なので、像は立像なら高さ240㎝、坐像なら120㎝ほどだろう。おだやかな顔は、仏師定朝(京都・平等院本尊の作者)の作風にならう定朝様の典型である。(20120515_h11)

如来像頭部前面をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / 立像 / 坐像

関連作品

チェックした関連作品の検索