Akamonchirimenjitsukikarikikutakemonyohitoe

赤紋縮緬地月雁菊竹文様単衣

Details

Akamonchirimenjitsukikarikikutakemonyohitoe

赤紋縮緬地月雁菊竹文様単衣

染織

1領

この単衣も常宮の所用。赤の紋縮緬に、糸雲取りに立木を配す構成や太めの縫糸による刺繍は、明治時代に宮中で着用された小袖の典型を示している。明治時代の小袖には積極的に化学染料が用いられた。本小袖の目に焼き付くような強烈な赤色は化学染料によるものである。

Related Works

Search items related to work chosen