赤紋縮緬地月雁菊竹文様単衣 アカモンチリメンジツキカリキクタケモンヨウヒトエ

染織 

1領

この単衣も常宮の所用。赤の紋縮緬に、糸雲取りに立木を配す構成や太めの縫糸による刺繍は、明治時代に宮中で着用された小袖の典型を示している。明治時代の小袖には積極的に化学染料が用いられた。本小袖の目に焼き付くような強烈な赤色は化学染料によるものである。

作品所在地の地図

関連リンク

赤紋縮緬地月雁菊竹文様単衣チェックした作品をもとに関連する作品を探す

紫紋縮緬地ぼかし染に桜楓文様小袖
紫絹縮地合歓木燕文様振袖
紫紋縮緬地御所解模様小袖
黒綸子地波鴛鴦文様小袖
小袖 白練貫地草花文様段片身替
ページトップへ