文化遺産オンライン

色絵牡丹図水指

いろえぼたんずみずさし

作品概要

色絵牡丹図水指

いろえぼたんずみずさし

陶磁 / 江戸

仁清、「仁清」印

江戸時代・17世紀

陶製

高13.6 口径15.6 底径9.9

1口

重要文化財

17世紀前半、京都洛西仁和寺(にんなじ)の門前で御室(おむろ)窯を開いた野々村仁清(ののむらにんせい)は、卓越した轆轤(ろくろ)の技と色絵の技に、王朝趣味を加えて典雅で優美な世界を作り上げた。この作は珍しく中国的な窓絵の構図を取りながら、入念な色絵による牡丹図が和様の趣をもたらしている。(20040901_h131)(20130625_h081)(151027_h13)(160712_h133)

色絵牡丹図水指をもっと見る

仁清、「仁清」印をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

仁清 / Ninsei / 色絵 / 野々村

関連作品

チェックした関連作品の検索