文化遺産オンライン

御室仁清窯跡出土陶片

オムロニンセイカマアトシュツドトウヘン

作品概要

御室仁清窯跡出土陶片

オムロニンセイカマアトシュツドトウヘン

陶磁

1括

十七世紀の京焼の名工・野々村仁清が、御室の仁和寺門前に築いた窯の跡から発見された失敗作のカケラと、やきもの作りに用いられた道具類の破片である。贋作が多い仁清の作品の真贋を考える上で、また仁清のやきもの作りの技術系譜を探る上での基準資料である。

御室仁清窯跡出土陶片をもっと見る

京都国立博物館をもっと見る

キーワード

仁清 / 野々村 / 御室 /

関連作品

チェックした関連作品の検索