文化遺産オンライン

銹絵染付菊七宝文茶器

さびえそめつけきくしっぽうもんちゃき

作品概要

銹絵染付菊七宝文茶器

さびえそめつけきくしっぽうもんちゃき

陶磁 / 江戸

京焼・御室焼

江戸時代・17世紀

陶製

高6.2 口径5.8 底径2.5

1合

御室焼は、京都御室の仁和寺門前に開かれた京焼の窯の一つ。その成立にあたり中心にあったのは陶工の野々村清右衛門、仁清その人である。本作品は無銘だが、薄づくりで端正な棗形に、堂上好みの品のある七宝繋ぎが表わされ、高度な技に裏付けられた優品である。

銹絵染付菊七宝文茶器をもっと見る

京焼・御室焼をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

仁清 / 野々村 / 御室 / 仁和寺

関連作品

チェックした関連作品の検索