文化遺産オンライン

銹絵山水図水指

さびえさんすいずみずさし

作品概要

銹絵山水図水指

さびえさんすいずみずさし

陶磁 / 江戸

仁清

江戸時代・17世紀

陶製

通蓋高20.0 口径13.8 底径8.6

1合

野々村仁清(ののむらにんせい)は、京都の仁和寺の門前で窯をひらき、仁和寺の「仁」と本名の清右衛門の「清」をとって仁清と称しました。鮮やかな色絵を得意とした仁清ですが、水墨画風の銹絵(さびえ)(鉄絵)にも確かな画技が示されています。関東大震災で破損し、漆工芸家・六角紫水(ろっかくしすい)の手で修復されました。

銹絵山水図水指をもっと見る

仁清をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

仁清 / 色絵 / 野々村 / 御室

関連作品

チェックした関連作品の検索