文化遺産オンライン

色絵釘隠

イロエクギカクシ

作品概要

色絵釘隠

イロエクギカクシ

陶磁

21個

重要文化財

象嵌七宝の釘隠を陶器で模した作品。丸亀藩主の京極家に伝来したもので、印・銘はないものの、文献上の記録によって、江戸時代から野々村仁清の窯で焼かれた御室焼と認識されていたことが知られる。 扇形は建物に実装されていたらしく、裏面には接着材と見られる漆の付着が認められる。

色絵釘隠をもっと見る

京都国立博物館をもっと見る

キーワード

仁清 / 御室 / 野々村 /

関連作品

チェックした関連作品の検索