文化遺産オンライン

一木旅館門及び塀

いちきりょかんもんおよびへい

作品概要

一木旅館門及び塀

いちきりょかんもんおよびへい

建造物 / 昭和以降 / 近畿

和歌山県

昭和前/1937

門 木造、杉皮葺、間口1.7m 塀 木造、瓦葺、総延長20m

1棟

和歌山県海南市下津町上字前原288

登録年月日:20220629

登録有形文化財(建造物)

長保寺参詣道に南面する旅館の門塀。門は切妻造杉皮葺の腕木門で、出節の柱に両折れ板戸を建てる。土間に那智黒石を敷き込む。塀は桟瓦軒先銅板葺で、真壁造漆喰仕上に角窓を開け、腰に半割丸太を張る。数寄を凝らす意匠で参詣道に趣を与える近代和風の門塀。

関連作品

チェックした関連作品の検索