八足机 はっそくのつくえ

工芸  漆工 / 江戸 / 日本  近畿 

江戸時代前期
朱漆塗
縦27.9cm,横47.8cm,高さ32.5cm
1点

 S字形の八足で天板を支え、さらに八足の下に底板をおく、やや特異な形式の机である。仏殿で使用される仏具である机は、経典や六器・花瓶・燭台などを置くことに用いられるが、これに対して、一般的に八足を含め多足の机は神具とされるのが通例である。

作品所在地の地図

関連リンク

八足机チェックした作品をもとに関連する作品を探す

巻絹机  大和錦張
一面器
朱漆八足机
大威徳明王像
朱漆塗八隅膳・椀
ページトップへ