銅剣 どうけん

考古資料 / 弥生 / 中国・四国 

弥生
1口
重文指定年月日:20000627
国宝指定年月日:
登録年月日:
宗教法人兎田八幡宮
国宝・重要文化財(美術品)

本件は、高知県香美郡野市町兎田字八幡に所在する兎田八幡宮に伝来する銅剣である。
この銅剣は、文化十年(一八一三)武藤致和によって編著された『南路志』巻十二の兎田村の項にある「八幡 八幡山 社記云 籠物唐金剣一振」という記述にあたるものと考えられ、すでに江戸時代には出土し、兎田八幡宮に納められていたことがわかる。

関連リンク

銅剣チェックした作品をもとに関連する作品を探す

佐賀県柚比本村遺跡墳墓出土品
島根県荒神谷遺跡出土品
扶桑略記巻第二十
袈裟襷文銅鐸/突線袈裟襷文銅鐸/流水文銅鐸/滋賀県野洲郡野洲町小篠原大岩山出土
紀伊国桛田庄絵図
ページトップへ