滝の台遺跡 やりがんな たきのだいいせき やりがんな

金属製品類 / 弥生 / 中部 

不明
弥生後期
鉄製で、槍のように尖った先端の両側面を刃とし、板の表面を削って平に仕上げるのに使われた木工具の身の部分。身は反っている。
全長13㎝、身の部分7.5㎝、身幅1.3㎝
1点
池田町指定
指定年月日:20110928
池田町
有形文化財(美術工芸品)

滝の台遺跡を平成3年9月から11月にかけて発掘した所、遺跡2号住居址より出土した。弥生時代後期の古さならびに出土品が少ないため大変貴重である。                                                                                           錆がひどく、松本市考古博物館より錆落としを、長野県立歴史館より錆止めの処置をしていただいたが脆弱なため、品物を公開するかどうか検討中である。

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

滝の台遺跡 やりがんなチェックした作品をもとに関連する作品を探す

大槙3号遺跡出土品<BR/>(附、11号竪穴住居跡出土土器及び鉄器片)
土生遺跡出土踏鋤
灰釉双耳壺
午王山遺跡出土品
釈迦寺遺跡出土遺物
ページトップへ