西街道九ヶ国図 さいかいどうきゅうかこくず

その他の画像全2枚中2枚表示

歴史資料  絵図・地図 / 江戸 / 日本  九州  佐賀県 

文化年間頃/19世紀
紙本着色 
竪95cm 横60cm
1舗
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

九州の簡略化された交通図で、海路もしめされている。凡例に国境をはじめ神社、仏閣、港、城下、名所旧跡をあげる。下部に藩主名、支配石高などが付記され、唐津の「水野左近将監」は忠鼎(藩主期間1775‐1805)のことで、文化年間頃の状況とみなされている。種子島には天文12年秋、南蛮商船によって鉄砲が伝来したことが付記されている。なにより国別に色分けされた色彩は鮮やかで、鑑賞するにも好ましい。朱線で道がしめされ、佐賀県内は東から田代・中原・佐賀と轟木と境原は省略されている。佐から西は有明海沿岸に引かれ、牛津・鹿島間の詳細は省略され、多良から諫早方面への道は示されていない。また佐賀の西にある「小野」は小田の誤りか。

作品所在地の地図

関連リンク

西街道九ヶ国図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

昭和10年代の銅像園
徴古館開館式式辞
慶長肥前国絵図
鍋島直正公(閑叟公)実歴百話
鍋島直正公(閑叟公)実歴百話

西村謙三著、肥前史談会発行

文化御城下絵図
ページトップへ