御書状 一門主宛 「先日之定家卿」 おんしょじょう いちもんしゅあて せんじつのていかきょう

その他の画像全2枚中2枚表示

 / 江戸 / 日本 

後西天皇 (1638-1685)
ごさいてんのう
日本
江戸時代前期/1670-1685年頃
紙本墨書
17.2×32.2cm
1
広島県廿日市市大野亀ヶ岡10701
海の見える杜美術館

 宛名の「一門主」は一乗院門跡真敬法親王で三菩提院宮と称された皇弟である。茶道に造詣深く、兄天皇の手許にあった藤原定家の書を所望したので、表具を申付けた旨を記している。「お気に入り候へかし」と表具についても見識を持たれ、宮廷内での茶の湯の交遊が偲ばれる。(『名筆へのいざない―深遠なる書の世界―』海の見える杜美術館2012 解説より)

作品所在地の地図

関連リンク

御書状 一門主宛 「先日之定家卿」チェックした作品をもとに関連する作品を探す

御書状  「御念入候」
御書状  毘門宛  「昨晩約束」
御書状  曼殊院覚恕宛  「如仰昨日は」
書状  東海寺侍者宛 正月三日  「改年之御慶」
消息  御姫宛 七月吉日  「此月中ニ」
ページトップへ