吉岡總社神社能舞台 よしおかそうじゃじんじゃのうぶたい

有形民俗文化財 / 明治 / 中部 

新潟県
明治中期
舞台は本舞台と後座からなり正面は東を向く。屋根は切妻造妻入桟瓦葺、軒は一軒平行疎垂木で、正面にトタン葺の庇が付く。天井は後座まで一体の小屋組の可能性があるが、鏡の間の材…
本舞台:間口5.68m(18.8尺)×奥行4.55m(15.03尺)、後座:奥行1.82m(5.99尺)、橋掛り:全長7.81m(25.79尺)×奥行3.03m(10尺)、鏡の間:桁行4.56m(15.06尺)×梁間3.62m(11.98尺)
1棟
新潟県佐渡市吉岡
佐渡市指定
指定年月日:20111001
總社神社
有形民俗文化財

總社神社は創立年不詳。国府の總社であったといわれるが、上杉景勝との戦乱により社殿・文書等を失った。旧村社。

作品所在地の地図

関連リンク

吉岡總社神社能舞台チェックした作品をもとに関連する作品を探す

小泊白山神社能舞台
大崎白山神社能舞台
長江熱串彦神社能舞台
豊田諏訪神社能舞台
椿尾氣比神社能舞台
ページトップへ