北極中心世界地図 ほっきょくちゅうしんせかいず

小佐井道豪
天保8年(1837)
手書手彩
155.3×157.0
1舗

北極の真上からみた世界を描くもので、江戸時代の世界図のなかでも異彩を放ちます。極投影法による世界図ですが、理屈では赤道より南は投影不可能です。地図周囲の説明には、オランダ製の原図は北極中心図と南極中心図が対になっていて、地形が二分されて見え難いのでくっつけて、別に南極中心図をのせたことを記しています。小佐井道豪は熊本藩の人で、測量方の一員として小笠原測量も手がけました。

【名品2019】【古地図】

作品所在地の地図

関連リンク

北極中心世界地図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

新訂万国全図
新訂万国全図

測量所高橋景保謹識 永田善吉(亜欧堂田善)刻

世界大相図
世界大相図

武都道本山下存統誌

南瞻部洲図
伊能小図北海道
伊能小図北海道

伊能忠敬

日本国地理測量之図
日本国地理測量之図

伊能忠敬著 高橋景保補

ページトップへ