円球万国地海全図 えんきゅうばんこくちかいぜんず

絵図・地図 / 江戸 

薩州石塚崔高志堅甫製并識
いしづかさいこう
江戸時代、享和2年/1802年
木版手彩
118.6×219.2
1舗
秋岡武次郎コレクション

来歴:秋岡武次郎→1989神戸市立博物館

参考文献:

薩摩藩の儒者、石塚崔高によって作成された東西両半球図。世界図の下にみえる天文関係の解説文は漢文で書かれています。北アメリカ大陸のカリフォルニア半島が一塊の島として、ニューギニアとオーストラリア大陸を地続きで描くなど、地理情報は古いままとなっています。また、世界図の周囲に配された「日食之図」や「九重天之図」などは、天動説によるもので、当時伝わっていた西洋天文学の成果は、まだ十分に採り入れられていません。江戸時代に刊行された世界図としては、東西が2メートルを超える最大のものです。


【古地図】

作品所在地の地図

関連リンク

円球万国地海全図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

万国地球全図 全
閻浮提図附日宮図
閻浮提図附日宮図

道本山下存統誌

北極中心世界地図
北極中心世界地図

小佐井道豪

世界大相図
世界大相図

武都道本山下存統誌

天竺之図
天竺之図

不明

ページトップへ