Dish, Begonia and hare design in underglaze blue

Details

Dish, Begonia and hare design in underglaze blue

ceramics / Edo

Imari ware

Edo period, 19th century

陶磁

高4.9 径29.3 高台径16.0

1枚

岩の上で天を見上げる兎と、背景にはハート型の葉と小さな花が特徴的な秋海棠(しゅうかいどう)を描く。青色の濃さを微妙に使い分けた濃染め(だみぞめ)や、のびやかな描線からは職人のこなれた技をみてとることができ、兎が今にも飛び跳ねだしそうな軽やかさが器面にあらわれている。

Related Works

Search items related to work chosen