振袖 紅縮緬地牡丹立木文字模様 ふりそで べにちりめんじぼたんたちきもじもよう

その他の画像全2枚中2枚表示

染織 / 江戸 

江戸時代・19世紀
1領

本来は低木である牡丹の樹木を裾(すそ)から肩にかけてうねる様に細く高く立木模様とした振袖。肩や袖には「萬」「歳」「楽」の文字が金糸で刺繍(ししゅう)されている。漢詩を思わせる文字散らし模様や立木模様は、江戸時代における武家女性の服飾に好まれたデザインである。

作品所在地の地図

関連リンク

振袖 紅縮緬地牡丹立木文字模様チェックした作品をもとに関連する作品を探す

振袖 萌黄縮緬地松紅葉牡丹流水孔雀模様
小袖 紅綸子地桐樹鳳凰模様
振袖 浅葱縮緬地松竹梅鷹御所車模様
帷子 白麻地椿立木寿字模様
小袖 紅縮緬地垣菊芙蓉鶴模様
ページトップへ