文化遺産オンライン

振袖 紅縮緬地牡丹立木文字模様

ふりそで べにちりめんじぼたんたちきもじもよう

作品概要

振袖 紅縮緬地牡丹立木文字模様

ふりそで べにちりめんじぼたんたちきもじもよう

染織 / 江戸

江戸時代・19世紀

1領

本来は低木である牡丹の樹木を裾(すそ)から肩にかけてうねる様に細く高く立木模様とした振袖。肩や袖には「萬」「歳」「楽」の文字が金糸で刺繍(ししゅう)されている。漢詩を思わせる文字散らし模様や立木模様は、江戸時代における武家女性の服飾に好まれたデザインである。

振袖 紅縮緬地牡丹立木文字模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

模様 / 立木 / Edo / 女性

関連作品

チェックした関連作品の検索