文化遺産オンライン

袱紗 鶸色縮緬地牡丹菊軍配模様

ひわいろちりめんじぼたんきくぐんばいもよう

概要

袱紗 鶸色縮緬地牡丹菊軍配模様

ひわいろちりめんじぼたんきくぐんばいもよう

染織 / 江戸

江戸時代・19世紀

1枚

「百花の王」と呼ばれ富貴の象徴である牡丹の折枝と、その露【つゆ】を飲めば長生きするといわれた菊の折枝を向かい合わせにし、それぞれに華やかな軍配【ぐんばい】を取り合わせた模様。武家としての気概も込めたデザインである。技法や模様は武家女性の服飾に共通する。(161220_掛袱紗)

袱紗 鶸色縮緬地牡丹菊軍配模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

模様 / Edo / 牡丹 / 袱紗

関連作品

チェックした関連作品の検索