文化遺産オンライン

四分戒本并序

しぶんかいほんならびにじょ

作品概要

四分戒本并序

しぶんかいほんならびにじょ

/ 奈良

奈良時代・神護景雲2年(768)

紙本墨書

1巻

 称徳天皇が発願した一切経のうちの1巻。出家修行者が規則を自ら守ろうとする精神について記す。称徳天皇(孝謙天皇の重祚(ちょうそ))は、道鏡を信任して法王の位を授けたことでも知られる。奈良時代後期を代表する写経で、肉太でやや大粒の字体に特徴がある。(2006/06/06)(20131029_h012)

四分戒本并序をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 奈良 / / 神護

関連作品

チェックした関連作品の検索