塩田村絵図 しおたむらえず

絵図・地図 / 江戸 

江戸時代、文化7年/1810年
紙本著色
232.0×238.0cm
1舖


来歴:2016神戸市立博物館

参考文献:
・神戸市立博物館編『神戸市立博物館名品撰』 2019

文化7年(1810)に製作された、摂津国有馬郡塩田村(現在の神戸市北区道場町塩田)の絵図。同村の住民による共同管理を経た後、個人によって守り伝えられ、当館が受贈するに至たりました。

塩田村は近世を通じて領主が何度か交替しており、絵図製作時は江戸幕府、摂津国三田藩、上総国飯野藩の入り組み支配でした。本資料は、そのうちの飯野藩領を明示したものです。村内の田畑は上・中・下で区別されています。田地(黄)、道筋(赤)、池川溝(青)、山河堤(緑)、九鬼様御料入組御田地(白)が色分けされているほか、川刎が描かれ、村内の寺社なども確認できます。


【近世の神戸】

作品所在地の地図

関連リンク

塩田村絵図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大手村東須磨村相論絵図
小敦盛絵巻
扶桑国都水陸地理図
摂州海岸御固場所絵図
染付円形世界図皿
染付円形世界図皿

製作者不詳/有田

ページトップへ