文化遺産オンライン

染付山水図台鉢

そめつけさんすいずだいはち

作品概要

染付山水図台鉢

そめつけさんすいずだいはち

陶磁 / 江戸

伝奥田頴川作

江戸時代・18~19世紀

高14.5 口径20.6 底径12.4

1口

奥田頴川は、中国・明時代末に現在の福建南部でおもに輸出向けに焼かれた呉須赤絵(ごすあかえ)や交趾(こうち)の写しに巧みであったが、染付にも技を振るい、この作品では馬上杯形の台付鉢に胴の五方に縦耳を付け、染付で山水文を描いている。

染付山水図台鉢をもっと見る

伝奥田頴川作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

赤絵 / / 呉須 /

関連作品

チェックした関連作品の検索