文化遺産オンライン

色絵麒麟菊花文水指

いろえきりんきっかもんみずさし

作品概要

色絵麒麟菊花文水指

いろえきりんきっかもんみずさし

陶磁 / 江戸

奥田頴川作

江戸時代・18~19世紀

磁質

高15.0 口径16.8 底径12.0

1口

京都の商家に生まれた奥田頴川@おくだえいせん@は趣味から始めた作陶を極め、京焼の磁器づくりに貢献しました。その門下には青木木米@あおきもくべい@ら京焼の名工がいます。この作品は得意の呉須赤絵@ごすあかえ@の写しで、赤と緑で奔放に描いています。もとは底に孔が空けられた植木鉢で、後に水指とされました。

色絵麒麟菊花文水指をもっと見る

奥田頴川作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 頴川 / / 奥田

関連作品

チェックした関連作品の検索