色絵麒麟菊花文水指 いろえきりんきっかもんみずさし

陶磁 / 江戸 

奥田頴川作
江戸時代・18世紀
陶製
高15.0 口径16.8 底径12.0
1口

京都の商家に生まれた奥田頴川@おくだえいせん@は趣味から始めた作陶を極め、京焼の磁器づくりに貢献しました。その門下には青木木米@あおきもくべい@ら京焼の名工がいます。この作品は得意の呉須赤絵@ごすあかえ@の写しで、赤と緑で奔放に描いています。もとは底に孔が空けられた植木鉢で、後に水指とされました。

作品所在地の地図

関連リンク

色絵麒麟菊花文水指チェックした作品をもとに関連する作品を探す

黄釉荒磯浮文急須
黄釉荒磯浮文急須

青木木米作

染付山水図台鉢
染付山水図台鉢

伝奥田頴川作

瀬戸釉平水指
瀬戸釉平水指

仁清、「仁清」印

糸目細水指「粟田」印
糸目細水指「粟田」印

京焼・粟田焼

銹絵秋草文水指
銹絵秋草文水指

仁阿弥道八作

ページトップへ