Excerpts from the Man'yo shu Poetry Anthology

Details

Excerpts from the Man'yo shu Poetry Anthology

calligraphy / Meiji / Taisho / Showa onward

By Onoe Saishu (1876-1957)

Meiji-Showa era, 20th century

Ink on decorated paper

1巻

尾上柴舟(本名は八郎)は、岡山に生れた。明治23年(1890)に15歳で上京したあと、歌人で書家の大口周魚(手鑑「月台」の編纂者)に歌も書も学んだ。「高野切」など学書し、とくに「粘葉本和漢朗詠集」(宮内庁三の丸尚蔵館蔵)を尊重し、女子学習院での書道授業で手本とした。ルビ:おおぐちしゅうぎょ、げつだい、こうやぎれ、でっちょうぼんわかんろうえいしゅう、じょしがくしゅういん

Related Works

Search items related to work chosen