Tea Kettle

Details

Tea Kettle

metalwork / Edo

Kyoto ware, Nomizo type

Edo period, 17th century

Cast iron

1口

釜の名は、猿猴捉月の文様があらわされたこのような茶の湯釜を野溝家が所持していたことによる。これは胴を帯状に屹立させ、文様を絵画のように見ることができる形状になっており、自由な形状が多い京釜の作品のなかでも文様を重視した作風となっている。
るび えんこうそくげつ 
(酒井元樹木氏執筆)

Search by Tea Kettle

Search by Kyoto ware, Nomizo type

Search by Tokyo National Museum

Keywords

/ / Kettle / Edo

Related Works

Search items related to work chosen