文化遺産オンライン

井桁釜

いげたかま

作品概要

井桁釜

いげたかま

金工 / 江戸

大西定林作

江戸時代・17世紀

鉄鋳造

1口

作者とされる大西定林は形や意匠に工夫を凝らす京都の釜師の一派・大西派の流れをくむ。この釜は肩に井桁に組んだ桟をわたすことから「井桁釜」の名があり、桟の交差する2ヶ所に目を覆う猿と口を押さえる猿、蓋のつまみに耳をふさぐ猿を鋳出して三猿を構成する。
るび おおにしじょうりん さん
(酒井元樹木氏執筆)

井桁釜をもっと見る

大西定林作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / 大西 / Edo

関連作品

チェックした関連作品の検索