文化遺産オンライン

松椿蒔絵硯箱

まつつばきまきえすずりばこ

作品概要

松椿蒔絵硯箱

まつつばきまきえすずりばこ

漆工 / 室町

室町時代・15世紀

木製漆塗

縦23.5 横22.2 高5.2

1合

表面は全体を平目地に仕立て、金薄肉高蒔絵を主体に平蒔絵・研出蒔絵・銀切金などを交えて流水に土坡、松、椿を描いている。対角線の下方に重心をおいた文様構成や、饅頭形の水滴や懸子2枚を収める形式に、室町時代の硯箱の特色がよく表われている。

松椿蒔絵硯箱をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

硯箱 / 蒔絵 / / すずり

関連作品

チェックした関連作品の検索